PAGE TOP

整体院 咲樂-Sakura-整体院 咲樂-Sakura-

  • 電話番号
  • お問い合わせ
  • 電話番号
  • お問い合わせ

腰の負担が少ない座り方とは?

From 吉岡 祐泰

治療院のデスクより、、、

 

こんにちは!

 

 

小田原市で慢性腰痛を

”根本”から改善する整体院

咲樂の吉岡祐泰(よしおかゆうた)です。

 

 

本日もブログへ足を運んでいただき

本当にありがとうございます!

 

 

今日もここ小田原市の整体院から

腰痛で悩む西湘から伊豆地区の皆様に向けて

腰痛改善に役立つヒントやアイデアを

お伝えしていきます。

 

 

 

久々のブログ更新になってしまいました。

この間ずっと雨が降って

涼しい日々が続いていましたね。

 

 

 

世間では長い盆休みですが、

当院はおかげさまで

忙しく働かせていただいています。

 

 

 

元々慢性腰痛を専門で治療してきましたが、

最近では治療を通して本当に必要なことを

見直す機会がありまして、

そちらの準備を進めています。

 

 

 

具体的には、”体質改善”にフォーカスした

新メニューを作っています。

 

 

 

 

腰痛を改善した先にある本当の健康を

支援できる整体院にしていきたいと思っているので、

興味のある方はぜひご連絡ください!

 

 

 

さて、本日の内容ですが、

今回は”腰の負担を減らす座り方”を

あなたにお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

この話をしようと思ったきっかけとして、

最近来院される患者様の多くが

「長時間座ると腰が痛くなる」

「長く座ると立つときに痛くて立てない」

といった悩みを話されるので

ここで、腰の負担が少ない座り方を

ご紹介させてていただきます。

 

 

 

ポイントとなるのは、次の3つです。

①骨盤を起こす

②天井に向かって背骨を伸ばす

③体の力を抜く

 

 

 

腰痛を発症する方の座り方には

ある一定の特徴があります。

 

 

□骨盤が後ろに倒れている

□背もたれと臀部の隙間が広い

□猫背になる

□首が前に突き出ている

□体重が片側にかかっている(足を組むなども含めて)

 

 

 

そのほかにも特徴はありますが、

共通してはこれらの様子が見られます。

 

 

 

この姿勢では、背中や腰、臀部に負担が

過度にかかってしまうため、

腰痛が発症しやすくなってしまいます。

 

 

 

そして、私たちは普段の生活の中で

1日約7時間は座った状態で生活しているといわれています。

 

 

 

これを何十年も続けていくわけですから、

加齢とともに腰が痛くなってしまうのも

頷けると思います。

 

 

 

今腰が痛い方は、

これ以上その腰痛を悪化させないように、

そしてまだ腰が痛くない人も

今後腰痛を発症しないために

ぜひ負担のない座り方を覚えてください。

↓   ↓   ↓

 

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

 

―吉岡 祐泰

 

 

【追伸①】

LINE@開設キャンペーン!

当院のLINEアカウントが開設されました。

こちらから「友達登録」をしていただくことで

施術がお得になる「ポイントカード」を

発行することができます。

もちろん、LINEから予約をすることも

可能ですので、

下のアイコンをクリックして下さい!

友だち追加

 

 

【追伸②】

「youtubeだけの限定動画」を配信中!

腰痛をはじめ、痛みの改善に役立つ

セルフメンテナンスを配信しています。

チャンネル登録はこちらから!

LINEで送る
Pocket

残り1名

1月23日(火)まで先着6名様限定割引→残り1名様

08041780395
08041780395 メールでのご予約

メールでのご予約メールでのご予約

※診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームは「お名前」「お電話番号」「メールアドレス」を入力するだけの簡単なものになっておりますのでお気軽にご利用いただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしております。

LINEからのご予約LINEからのご予約

友達追加

まず以下の友達追加ボタンで友達登録をしてください。

友達追加

メッセージ入力

「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「お電話番号」をお送りいただきましたら、こちらからご連絡させていただきます。