PAGE TOP

整体院 咲樂-Sakura-整体院 咲樂-Sakura-

  • 電話番号
  • お問い合わせ
  • 電話番号
  • お問い合わせ

”腰痛の仕組み”について、一度復習しておきましょう!

 

From 吉岡 祐泰

治療院のデスクより、、、

 

こんにちは!

 

 

小田原市で慢性腰痛を

”根本”から改善する整体院

咲樂の吉岡祐泰(よしおかゆうた)です。

 

 

本日もブログへ足を運んでいただき

本当にありがとうございます!

 

 

今日もここ小田原市の整体院から

腰痛で悩む西湘から伊豆地区の皆様に向けて

腰痛改善に役立つヒントやアイデアを

お伝えしていきます。

 

 

 

さて、ここまでの

腰痛ステップアップ講座はいかがでしょうか?

 

 

 

 

前回までで”腰痛の仕組みを知る”

という内容を一通りお話しさせていただきました。

 

 

 

 

今日は、その内容を復習していきたいと思います。

内容が今まで紹介したことと重複しますので

すでにご覧になられた方は

このブログを閉じていただいて大丈夫です。

 

 

 

 

腰痛改善に向けた第一ステップとして

”腰痛の仕組みを知る”ことが重要です。

 

 

 

そして、その仕組みというのは

次の4つの柱があります。

 

 

 

①腰痛発症の原因

②精神的ストレス

③回避行動

④身体機能低下

 

 

 

この4つの柱を知ることで

・あなたの慢性腰痛の原因は何か?

・腰痛を改善するため、また慢性化

しないためにどうすればよいのか?

ということを知ることができます。

 

 

 

それぞれの項目を確認していきましょう!

 

 

 

 

【腰痛発症の原因】

 

腰痛は、身体のどこかに異常が起きることで発症します。

全腰痛の15%、いわゆる「見える腰痛」であれば

画像診断で原因を特定できるので、原因を治療すればよいのです。

 

 

 

では、残り85%の「見えない腰痛」の原因が何かというと、

・筋肉、筋膜(大腰筋や大殿筋など)

・骨、関節(椎間板、椎間関節、仙腸関節など)

・内臓(肝臓や腎臓など)

・頭蓋骨、経絡

これらが85%を占める「見えない腰痛」の

根本的な原因となります。

 

 

 

具体的な場所や原因については、

次回以降の講座でお話ししますが、

私たちの日常生活における姿勢や動作、癖などが

原因になることが多いです。

 

 

 

【精神的ストレス】

痛みのもう一つの発生源として「心」の問題があります。

 

 

 

痛みは全身にある痛覚受容器が

痛み刺激を受けることで、神経を通して

脳に伝達されます。

 

 

 

痛みを感じる機能は人間にとって

ブレーキの役割もあるため大切な感覚です。

 

 

 

この痛みが強すぎると、

脳からβエンドルフィンという物質が

分泌され、痛みを和らげる働きがあります。

 

 

 

βエンドルフィンの分泌は

不安やストレスなどによって抑制されるため、

本来軽減されるべき痛みを

必要以上に強く感じてしまいます。

 

 

 

痛みは心が落ち込んでいるとき、

痛みに集中しているときほど強く感じ、

心が前向きなとき、痛み以外に集中することで

痛みを小さく感じることができます。

 

 

 

 

 

【回避行動】

腰から出た痛みの信号が

心で増幅され大きな痛みとして感じる、

痛みが強ければそれだけ行動も制限されてきます。

 

 

 

そのため、長期間腰痛を患っていると

生活様相もだんだん変わってきてしまいます。

 

 

 

現在の常識として、痛みがそれほど強くなければ

なるべく動いた方がよいとされています。

しかし、人間のほぼすべての動作で

腰を使い、負担がかかってくるので、

腰痛が出てしまうと何をしても痛くなり、

動くことから逃げてしまいがちになります。

 

 

 

痛みが来ることを恐れて

みらいの行動を制限してしまうことを

「フィアーアボイダンス(恐怖からの逃避)」といいます。

 

 

特に、過去に何度も動けないほどの腰痛を経験したり、

腰痛によって他人に迷惑をかけた経験のある人ほど

この心理状態に陥りやすいです。

 

 

そして、この心理状態に陥ってしまうと

腰痛悪化にさらに拍車をかけることになります。

 

 

 

 

 

【身体機能低下】

痛みによる逃避行動から

身体を動かさなくなると、

当然どんどん身体は衰えていきます。

 

 

 

筋肉は、身体を動かすだけでなく

姿勢を安定させる働きもあります。

 

 

 

しかし、例えば1週間寝たきりでいると

筋力は15%低下するともいわれています。

 

 

 

 

筋力が低下した状態で動こうと思うと、

同じ動きでも今まで以上の力が必要になります。

そこで、過剰に筋肉に負担をかけながら

動こうとすると、痛みはさらに強まります。

 

 

 

 

また、筋力が低下するのと同じように

筋シナジーパターンも低下します。

 

 

 

筋シナジーパターンとは、例えば歩くときに

筋肉一つ一つに毎回指令を出すのではなく、

歩く動作をひとまとまりにして、そのグループに

まとめて指示を出し、動かすことを言います。

 

 

 

この筋シナジーパターンの低下は

・昔より体がよろけるようになった

・階段やちょっとした段差で躓くようになった

といったような状態を引き起こします。

 

 

 

そして、この経験が続くと

心理的にもさらに落ち込んでいき

うつ状態に発展してしまいます。

 

 

 

うつ状態に近づくと

痛みをさらに強く感じてしまい、

回避行動も強まり、さらに動かなくなります。

 

 

最終的には寝たきりの状態になってしまいます。

 

 

【最後に】

いかがでしたでしょうか?

 

 

腰痛の怖さは、手術を必要としないまま

ゆっくりと身体をむしばんでいくことにあります。

 

 

この腰痛のループを抜け出すには

今日までにご紹介した4つの柱を

壊す必要があります。

 

 

 

その内容を明日以降

お伝えしていきます。

 

 

 

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

 

―吉岡 祐泰

 

 

【追伸①】

LINE@開設キャンペーン!

当院のLINEアカウントが開設されました。

こちらから「友達登録」をしていただくことで

施術がお得になる「ポイントカード」を

発行することができます。

もちろん、LINEから予約をすることも

可能ですので、

下のアイコンをクリックして下さい!

友だち追加

 

 

【追伸②】

「youtubeだけの限定動画」を配信中!

腰痛をはじめ、痛みの改善に役立つ

セルフメンテナンスを配信しています。

チャンネル登録はこちらから!

LINEで送る
Pocket

残り1名

1月23日(火)まで先着6名様限定割引→残り1名様

08041780395
08041780395 メールでのご予約

メールでのご予約メールでのご予約

※診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームは「お名前」「お電話番号」「メールアドレス」を入力するだけの簡単なものになっておりますのでお気軽にご利用いただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしております。

LINEからのご予約LINEからのご予約

友達追加

まず以下の友達追加ボタンで友達登録をしてください。

友達追加

メッセージ入力

「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「お電話番号」をお送りいただきましたら、こちらからご連絡させていただきます。